« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月30日 (金)

お稽古の日々

今月のフレンチレッスンは、こちらも春色

まずは、明石たと温かいじゃが芋のサラダ、バジルのペースト

Sinnzyaga

そして地鶏のポワレ、マーマレードと胡椒のソース

Tikinn

おおきな塩尻のグリーンアスパラ、空豆と今が旬のお野菜がいっぱい。鶏の皮をぱりぱりに焼くには、弱めの火で(こんなに弱くて良いのと思う位)皮をじっくり焼いて油を出すことだそうです。バターを使わないソースもgoodです。

そして、中華では、陳麻婆豆腐が辛くてくせになる美味しさでしたが、一番のお気に入りは、このプアール茶のゼリー

Puaru

カラメルソース・エバミルク・牛乳・生クリームで作ったソースが美味しい。生クリームを入れなくてもカラメルでこくが出て大丈夫かと思います。マービーでカラメルを作れば、糖尿病用にも応用可能です。

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

天然酵母のパン

 今日から東京で糖尿病学会が始まります。勤務先は臨時休診で4連休。今回は学会へは参加しないため、少しまとまった時間をいただきました。家のまわりの草引きやら、衣替え・・・久しぶりにお友達と会ったりと、あっという間に終わりそうですが・・・

 6月から、アドバンスコースが始まりますが、偶数月はお料理のため、お菓子教室のスタートは9月からになります。今月のレッスン時に皆様にお話させていただきましたが、メニューはシフォンケーキとあんパン・調理パンに決定させていただきました。国産小麦粉・水溶性食物繊維入り・甘みはマービーを使います。難問の天然酵母ですが、ホシノ天然酵母を使用いたします。ホシノ酵母で一晩一次発酵すると、粉のうまみがでてやはり美味しい、パンは発酵食品としみじみ思ってしまいました。仕上げ発酵も時間はかかりますが、ゆっくりした時間の流れが心地よく、パン生地の感触が何とも心癒されます。(昔の子ども時代の記憶でしょうか・・)

P1000671

 そして、先週ご都合で4月メニューの教室をさせていただきました。一番心配だった生の筍、山菜、なんとか京都タカシマヤで見つかりやれやれ。美山町で採れたものだそうです。その中で一押しは、コゴミ。初めて見ましたが、フリットにすると、タラの芽より美味しく感激。イタドリの芽も天ぷらにすると美味しいとUさんが教えてくださったので、来年の春ぜひ食べてみましょう。

P1000655

6月以降本業が多忙のため、現在お越しいただいている方以外の新規の募集は、しばらく見合わさせていただきます。ブログの更新も、のんびりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

春はシャキシャキ

 さて久々の更新です。連休はいかがお過ごしでしょうか?
私は一昨日から疲れでダウンしていました。今日はようやく起きあがれました。せっかくの連休も・・・悔し涙!!最近、勤務先の医院では、重症の新患の方が多くハードな日々です。(糖尿病の場合、空腹時の血糖値が250以上あっても、ご本人はけとっろしておられますが、こちらは、はらはらドキドキ。)受診当日に外来でインスリン導入ということもあり、初診時には、合併症が隠れてないか、何を確認し、どこまで話すか・・・とても神経を使います。でも、大きな病院と違って、院長と同じフットワークで患者様を診させていただけるのは有り難い限りです。おおざっぱな性格の私がざっくりと聞きとり、緻密な性格の院長細かく確認するスタイルは、なかなか絶妙なハーモニーではと思います。

 さて、5月のレッスンですが、継続の方のみ受付とさせていただきました。
いろいろな予定があり、申し訳ありませんが日程がとれそうにありません。

6月からは、2年目以降の方対象のアドバンスクラスがスタートします。
偶数月はお料理教室で、中華料理を中心に今まで通りのスタイルとなります。奇数月はお菓子教室で、お菓子屋さんに買い物に来ていただくようなスタイルにする予定です。マービーシフォンケーキ+お菓子かパンをお持ち帰りいただく個数でお支払いいただくスタイルにさせていただきます。
できれば、朝ご飯に食べていただけるマービーあんパンや、菓子パンも入れたいと思っておりますが・・・(実は15年前パン教室に通って、先生のライセンスはいただいておりますが・・)今回は天然酵母+国産小麦+繊維入りのパンを焼きたいと思っております。

Sioitame

春野菜のシャキシャキ感が好きで、生たけのこ・スナックえんどう・新タマネギ・ホタテを使って、中華風の塩炒めをしてみました。オイスターソース味と違って、さっぱり感が初夏にぴったり!!6月のアドバンスでご紹介しますね。
明日はお天気になりそうです。どうぞよい連休を!!

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »