« 食器到着 | トップページ | 癒しの時間 Part2 »

2007年4月17日 (火)

癒しの時間 Part1

 今月は、岐阜へ出かけたり、親戚の法事があったりと忙しく、イレギュラーな日程でのお料理教室参加。フランコジャポネーズは、いつのもスーパー主婦の方ではなく、フルーツのカッティングの先生とご一緒でしたが、のんびりとした教室に癒されてきました。

Photo_54Photo_55




 鶏と青豆のソテー白ゴマソース(茹でた鳥胸肉・えんどうを使った春らしい1皿。すりゴマとマスタード・砂糖・水でソースを作ります)
鮭のバジルソース(バジルソースの上にポン酢がかかっています。トマトをくりぬいてチーズをのせて焼いたものが付け合せです。)
 毎回フレンチのソースを2品教えていただくんですが、家庭にあるもので作るというのがシェフのモットーでフォンドボーなどは使わず、味噌・しょうゆなどでこくを出します。そして素材に塩・コショウはほとんどしないため薄味。やさしいお味です。5月にNHKの食菜浪漫に国村準さんと(芋たこなんきんに出られた)出演されるそうです。以前に習った「さごしときんぴらのパイ包みポン酢ソース」を紹介されますが、今回はバターでモンテせず、くず粉でとろみを付けるそうです。(カロリー↓にもなりますね)

Photo_57 そして食後にいただくシェフ特製のデザートは、りんごとキリチーズのパイ。キリチーズは、以前味噌とあわせてキリミソソースでいただきました。「いろいろ凝ったお料理を見ると若いなと思ってしまう」とシェフがおっしゃってましたが、こんなに手軽でいいんだ・・・と肩の力を抜いてくれる素敵な時間です。

|

« 食器到着 | トップページ | 癒しの時間 Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食器到着 | トップページ | 癒しの時間 Part2 »