« 今月のおけいこ | トップページ | 食事療法にも処方箋を »

2007年2月26日 (月)

2月のお料理教室

 あと少しで2月も終わりです。ずいぶん長く更新せず申し訳ありませんでした。前回更新後かぜを引いて、2日ほど寝込んでいるところ、親戚に不幸があり無理をしたためかぜをこじらせてしまいました。その後は仕事に行っては寝込みの繰り返しで、ようやく元気になったところです。今月のお料理教室は、本当に申し訳ありませんが急遽中止させていただきました。おわびにダイジェストで、低エネルギーの中華のご紹介

オイスターソース炒めはたいへん便利でして、春なので菜の花にしましたが、アスパラや、夏にはきゅうり、秋にはきのこや、青梗菜、ブロッコリーとなんでもあうお料理です。また形を変えてSisyoku21 ご紹介しますね。油控えめの中華のコツ

1.テフロンのフライパン使用(私はティファールを使用します。)
2.油通しではなく野菜は湯+油少々で下ゆで         
3.きのこ・白ねぎは、少々の油で焼き酒を振り掛ける
 
4.牛肉は下味をつけテフロンで焼く(4人分で大さじ1で焼けます)

それぞれ下処理してあとは、炒め合わせるのみ・・・

白菜のミルク煮は、白菜を割り箸状に切って、小さじ1程度の油で生姜のみじんSisyoku1 切り、白菜の軸を炒め(もちろんテフロンで)葉の部分と一緒にスープで煮て、仕上げに牛乳・ハム・調味料で味を整えて水どき片栗粉でとろみをつけます。生クリームでなく牛乳でもおいしくできますよ・・・牛乳は一番最後にいれてすぐにとろみを付けるのがコツです。これも青梗菜などいろいろ応用可能です。

大根とくらげの酢の物、くらげはエネルギーが低いんですよ・・・歯ごたえもあり、よく噛む事で満腹感がでます。

お試しいただければ幸いです。

|

« 今月のおけいこ | トップページ | 食事療法にも処方箋を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今月のおけいこ | トップページ | 食事療法にも処方箋を »