« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

2月のお料理教室

 あと少しで2月も終わりです。ずいぶん長く更新せず申し訳ありませんでした。前回更新後かぜを引いて、2日ほど寝込んでいるところ、親戚に不幸があり無理をしたためかぜをこじらせてしまいました。その後は仕事に行っては寝込みの繰り返しで、ようやく元気になったところです。今月のお料理教室は、本当に申し訳ありませんが急遽中止させていただきました。おわびにダイジェストで、低エネルギーの中華のご紹介

オイスターソース炒めはたいへん便利でして、春なので菜の花にしましたが、アスパラや、夏にはきゅうり、秋にはきのこや、青梗菜、ブロッコリーとなんでもあうお料理です。また形を変えてSisyoku21 ご紹介しますね。油控えめの中華のコツ

1.テフロンのフライパン使用(私はティファールを使用します。)
2.油通しではなく野菜は湯+油少々で下ゆで         
3.きのこ・白ねぎは、少々の油で焼き酒を振り掛ける
 
4.牛肉は下味をつけテフロンで焼く(4人分で大さじ1で焼けます)

それぞれ下処理してあとは、炒め合わせるのみ・・・

白菜のミルク煮は、白菜を割り箸状に切って、小さじ1程度の油で生姜のみじんSisyoku1 切り、白菜の軸を炒め(もちろんテフロンで)葉の部分と一緒にスープで煮て、仕上げに牛乳・ハム・調味料で味を整えて水どき片栗粉でとろみをつけます。生クリームでなく牛乳でもおいしくできますよ・・・牛乳は一番最後にいれてすぐにとろみを付けるのがコツです。これも青梗菜などいろいろ応用可能です。

大根とくらげの酢の物、くらげはエネルギーが低いんですよ・・・歯ごたえもあり、よく噛む事で満腹感がでます。

お試しいただければ幸いです。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

今月のおけいこ

 今日は月に1度の懐石料理教室。毎回、新鮮なお魚がいただけます。
2007_02130135 2007_02130136 2007_02130138 2007_02130139                                                                                                                                                                                        

 天然のひらめをちり酢でいただきましたが、わさびじょうゆよりずっと上品な味でした。白和え・菜の花・丸大根と皮くじらの煮物どれもお出しがきいて絶品でした。土鍋で炊いた牡蛎ごはん。芹が入っておいしかったです。牡蛎も霜降りして最初から入れて煮ましたが、身がふっくらでした。そしてごま豆腐のみそ汁。手作りのごま豆腐は、冷蔵庫で日にちがたって固くなってもトロントロンになります。美味しいものを食べると幸せになりますね。
2月の中華料理の写真をホームページにupしました。

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

道具好き

 昨日は、大阪の道具屋筋に行ってきました。教室を始めるにあたり、道具を一つ一つ揃えるのもずいぶん時間がかかります。ネットで探したり、直接店で見たりと・・・実は、無類の道具好きなんです。これは、私の父方の祖母に似ているようです。(私が3歳の時に他界し、記憶はないのですが・・・DNAに焼き付いているようです。)2007_02110126  昨日購入した、アジアン雑貨の100円均一の商品   8cm位の小さなせいろです。マーラーカオ(中華蒸しパン)をお出しするのにかわいいでしょう。

2007_02110128

 そしてこれは道具屋筋で購入した物・・白菜が白いので、今回はこのお皿を使う予定です。

2007_02110127_1 そして念願の体重計が届きました。勤務先の病院でも使用中のもので、内蔵脂肪がはかれる優れものです。

内臓脂肪の話しは、また機会を改めて・・・

2007_02110129 そして、生チョコ作りです。前回ガトーショコラにこられた方が、カカオマスを買ってみたけどまずくて食べれない!!とおっしゃっていましたので(甘みを一切入れてないので、苦いのみです)、オーブンなしで簡単にできる生チョコを作ってみました。カロリー1/2の生クリームと牛乳を半分ずつにしてみましたが・・・ややビター・・・次回こられるまでにレシピを仕上げますね。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

今週はおけいこウィーク

今週はおけいこウィーク,

まずは、2007_02070114ご自宅中華レッスン
中華3品+デザートのごまプリン(きなこソースが絶品でした)+中国茶

そしてこちらは、、シェフのフランコジャポネーズ,デジカメを忘れて携帯画像、見にくくてすいません。
白ねぎのスープ(生クリーム・牛乳なしで鰹だしを使います)
さごしときんぴらのパイ包み(ポン酢ソースがかかります)
そしてデザートは、りんごのタルト+ヨーグルトアイス(ヨーグルト+水+砂糖のみのさっぱり味)マービーで作ればばっちりです。アイスクリームメーカー注文しますね。

Seta 070208_1216001

Seta3_1

どちらの教室も4名様までで、アットホームな雰囲気、デザートはご用意して下さっていて、最後の洗い物なしと主婦にはうれしい教室です。私の目指す教室の お手本です。(人数が多いと、わからなかったり、疲れたりと・・・年のせいでしょうか・・・)

ホームページに年間のメニュー掲載しました。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

糖尿病と砂糖

糖尿病の場合、砂糖は一切使ってはいけないと思っておられる方が結構おられます。血糖値=血液中のブドウ糖濃度ですが、普通の方の場合、1週間絶食状態でも低血糖で亡くなる方はおられません。身体の中で、タンパク質や脂肪からもブドウ糖を作る働きがあるためです。アメリカでは、2糖類(砂糖)の摂取を制限しないとの指針がでています。

 ここからは私の個人的な意見ですが、日本人の2型糖尿病の場合インスリン分泌が低下するため、食後の血糖値の上昇が早い砂糖の過剰摂取は控えていただく方がいいいのではとお話しています。具体的には、ご家族とごいっしょのお料理には、控えめに(1日何グラムとか細かいことは抜きにして)砂糖を使い、料理以外のコーヒー・ジャム・のどあめ・甘いお菓子などはできるだけ血糖値を上げない甘味料を使用するようおすすめしています。(もちろん、こういった嗜好品はやめていただいても結構ですが、少し気をつけていただくだけでもずいぶん違いますよ。)砂糖は一切使わず、みりんのみと言う方がおられますが、くれぐれも量は控えめに・・・

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

2月お料理教室の献立

 いつも2月は、寒さの厳しい時期ですが、今年は例年にない暖冬ですね。
2月のお料理教室の献立が決まりました。温かいもので肉団子の土鍋煮込みと思っておりましたが、急遽変更させていただきます。大根・白菜ともに甘く、また出始めの菜の花は、早春の味がします。中華の王道のメニューです。

  • 大根とくらげの酢の物
  • 白菜のミルク煮
  • 牛肉と菜の花のオイスターソース炒め
  • 桂花陳酒ゼリー+80キロカロリーアイス
    これは前回のバレンタインのワインゼリーをアレンジし、もう少し柔らかくフルフルにします。もちろん甘みはマービー+繊維入りです。

細かな栄養計算・写真は、週末の連休明けまでお待ち下さい。

日程・お申し込み等はホームページからお願いします。

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

お料理ざんまい

 文字サイズを大きくする場合の欠点は、確認してから再編集する場合、画像が入って、長い文章だとHTML形式になって、編集できなくなってしまうことを何度か経験し、これからは、できるだけ短い文章にすることにしました。しばらく、暇があるとガドーショコラばかり焼いていましたが、やっと普通のお料理に専念でき、ストレス解消。

Photo_4 今日の夕ご飯は、昨年末に習った、牛肉の赤ワイン煮。赤ワイン・トマトピューレ・みそで味を調えます。瀬田シェフおすすめのお料理、市販のデミグラスやルーは使わず、とろみ用に少しのバター・小麦粉を使う程度で、さっぱりと仕上がっています。(自宅用のお皿で申し訳ないですが・・)これと新キャベツ・新たまねぎ、鶏胸肉を塩・こしょうで焼いた物少々をマスタード入りの醤油ドレッシングであえたサラダを山盛り、子どもたちは、パスタを大根おろし・青しそ・だし醤油であえたものがつきました。

Photo_5

そして、今週の保存食、これがあると、1週間家族5人分のお弁当が楽になります。

鶏胸肉を今回は和風に巻いて煮物にしました。(糸の巻き方は、実用的にぐるぐる巻きが一番と習いましたが、たしかにはずしやすいです。)それから小松菜とゆばの煮物。そして高野豆腐とタケノコ・蕗の煮物。高野豆腐は、マービー+少しの砂糖で味付けします。お出しがおいしいと幸せな味がします。

| | コメント (0)

素敵な贈り物

 主人・私共に本業の合間に、英語教室・料理教室をスタートするにあたり、昨日お祝いに素敵な額をいただきました。今日は、主人がそれを玄関に飾ってくれました。Photo_3 智慧(ちえ)と知識と喜楽(よろこび)、この教室の目標です。来てくださって方々が、喜楽(よろこび)に満たされますように・・・そのためのお手伝いができればと願っています。

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

糖尿病と間食について

 先日書かせていただいた、糖尿病とおやつについての続編です。Photo_2 プラクティス(糖尿病専門の雑誌)の2007.1.2月号に、糖尿病で有名な順天堂大学のグループの「糖尿病患者における菓子の摂取実態と意識について」という研究が報告されていました。考察で、「菓子の摂取の指導によるストレスが強いほど遵守度が低いことが示唆された。このことは、特に菓子を食べたいという願望が強い患者において、菓子摂取を制限されていることにストレスを感じるとともに、遵守できずに食べてしまい、さらにその後ろめたさから二重のストレスを受けているという様子を示すものと理解できる。」そして最後には、「食後血糖値の上昇が低いなどの機能的な工夫に加えて、利便性についても配慮された菓子の提供が望まれる。」となっておりました。

丁度、お料理教室1回目の前日に偶然目にして、元気がでました。血糖値を上げない甘味料を使ったお菓子とぼんやりした目標でしたが、

お菓子教室は1人前  80キロカロリー  低エネルギーの甘味料で甘みをだし血糖値の上昇をおさえるために、繊維2g添加

お料理教室は320キロカロリー(有名な冷凍糖尿病食と同じ) 塩分 3.5g以下(簡単なデザートもおつけする予定です。)

糖尿病ではない方にも満足していただける味を目標にメニューを作っていきますね。(今年1年、頭を悩ましそうですが・・・)

年間メニューは、近々ホームページにupします。

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

ブログ初心者

ブログを始めて、1ヶ月、老眼でも見やすいようにと文字を大きくすると・・・知らぬ間に普通サイズが混在したり、写真の挿入が自分の狙ったところに入らなかったり・・・・なかなか思うようにいきません。

文字を普通にすればいいのかもしれませんが・・・見やすい画面にしたいしと・・・悪戦苦闘中です。しばらくは、見にくいページで申し訳ありませんが、お許し下さい。

| | コメント (0)

糖尿病料理教室1回目

今日は、糖尿病料理教室の1回目でした。

神戸からお越しいただき、ありがとうございました。おしゃべりに花が咲き、楽しく過ごさせていただきました。「今の世の中、夜無事に帰ってくるだけで感謝!!」との彼女の言葉・・・年齢を重ねてこられただけに、心にしみました・・・。これからは、心を入れ直しますね。(お父さん、子どもたち・・)

試食のテーブルは前回ご紹介したような感じで、いちご・ブルーベリージャム・アイスクリームで飾って100キロカロリー。肝心のテーブルの写真を撮り忘れてしまいましたが、

砂糖なしのガトーショコラそして、難消化性デキストリンが1個あたり1.9g(レタス1個弱)と繊維たっぷり、これも砂糖なしのワインゼリーの2品。

昨日ざっと読んだプラクティス(糖尿病専門の雑誌)で、糖尿病のおやつについての医療者への調査で、満足感があって、繊維があって・・・きちんと読んでまたご報告しますが、ゼリーに繊維を入れようと昨日思いました。

では、本日使った技あり素材をご紹介。

Marvie2

マービー

還元麦芽糖は、砂糖と違って、食後の血糖値が上がりません。数ある甘味料の中で、雑味がないので、私はこれしか使いません。そして、飾りに使ったジャムもこの製品です。

Photo カバリアのチョコ。砂糖ではなく還元麦芽糖使用

これとカカオマスでチョコの風味を出します。

Photo 水に溶ける繊維、ゼリーに入れました。

Photo_1 有名な、 グリコの80キロカロリーアイス

A そして、水にふやかさず使えるゼラチン、これは便利です。

ようやく、あったか中華に試作にかかれます。お楽しみに・・・

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »